マンションで対応可能なリフォーム工事

マンション購入者から支持を得ているリフォーム大全集

定番のリフォームといえばコレ

このコラムをシェアする

ライフステージの変化で行うリフォーム

ライフステージの変化は、同時に生活の変化をもたらしそれがリフォームのきっかけに繋がります。特に家族が増えた時にリフォームを考える方が多く、リビングを区切って部屋を増やすケースがほとんどです。

子ども部屋だけでは無く両親の部屋など、こだわりがある場合は和室にしたり防音設備を施したりする事が出来ます。部屋の増設は50~300万円ほどで施工可能です。

高齢者と一緒に住む場合は手すりやスロープを設ける、または階段など段差を出来る限り無くすバリアフリーに特化したリフォームが人気です。手すりやスロープは10~20万円ほど、段差をなくすリフォームは50万円程度で施工可能です。バリアフリーに特化したマンションはありますが、住みなれたマンションを施工する方が安上がりです。

水周りはもはや定番

経年劣化が他の箇所より早く、且つ汚れも目立ちやすい水周りはリフォームを行う定番の箇所といえます。トイレやお風呂、洗面台にキッチンなどリフォーム出来る場所は数多くあります。

例えばトイレの便器を交換する場合は15~40万円ほど発生しますが、汚れや臭いを抑えるだけでは無く節水効果があるので長い目で見ればコスパが良いです。お風呂は経年劣化の改善はもちろんですが、高齢者に多いヒートショック減少を緩和する断熱材関連のリフォームも可能です。

古いマンションであれば浴槽リフォームやユニットバス設置など、水周りならではのリフォームが定番です。水周りのリフォームは規模や希望するメニューによって大きく金額が違うので、相談の上で見積もりを立てるのが無難です。